コロナ禍だけど無料でマスクを貰う方法♪

2020年になり新型コロナウイルスの影響からマスクをしないと病院にいけなかったり
公共交通機関のアナウンスではマスクの着用を促したりと日常生活においてマスクが必需品になってきましたね。
妊婦さんは妊婦検診で病院に通院されるのでマスクは必需品ですよね。
マスクは消耗品なのでコストを抑えたいと思う事はありませんか?今回はマスクを無料でもらえるところはないのか探してみました♪

お住まいの市区町村で無料配布

まず、東京といえば東京タワーのある港区はどうなのかと検索しました。
港区は手厚いですね~。サージカルマスク50枚(1箱)いただけます。妊婦さんだけではなく0歳児のいる家庭にも配布可能とのことです。
次に、東京の新しいシンボルスカイツリーのある墨田区では区内在住の妊婦の方を対象に、布マスク(お1人につき10枚まで)を無料配布してくれるそうです。
どちらも必要な家庭に届くようになっていますので、ご自身で申告が必要なようです。
そして沖縄県の那覇市でも妊婦さんにマスクの無料配布があるようです。
必需品のマスクは消耗品でもあるのでお住まいの自治体に確認して無料でもらうことが出来るようですね。
お住まいの市区町村のHPをチェックしてみではいかがでしょうか?
参考:港区ホームページ:妊産婦等へのサージカルマスクの提供期間を延長します
参考:墨田区:妊娠中の皆様へ
参考:那覇市:妊婦さんへのマスク配布について

厚生労働省ではマスクを無料追加配布

参考:READYFOR:布マスクの無料配布を継続し、マスクが必要な方に届けたい!

アベノマスクで有名になりました布マスクも2枚じゃ足りない!!かたの為に追加配布が可能です。
コチラは妊婦さんだけではなく、世帯単位でのお申込みになりますので必要な方は是非!利用してみてくださいね。
すでに終わってしまいましたがクラウドファンディングなどでマスクを必要としている人にお届けする動きもあるようです。
企業によっては無料配布を行っていたり懸賞などで当たる場合もありますのでネットサーフィンをするときにはマスクの無料配布も検索してみるのもよさそうですね。
参考:厚生労働省:布製マスク全戸配布 申込みサイト

まとめ

今回は妊婦さんが無料でマスクを貰えないか調べてみました。
自治体によってはマスク以外にも様々な支援を行っていますので普段は頻繁に見ることのないお住まいの市区町村のHPをたまにはチェックしてみるのもいいと思いますよ~。
地域によって特色があり見ているだけで楽しいですよ。
ご自身が税金を納めている市区町村のサービスを是非活用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 新型コロナウイルスの後遺症はどんなものがあるの?

  2. ⛩2021年の初詣は決まった?妊婦さんに提案したいバーチャル初詣⛩

  3. TVCMでも話題の『食べチョク』を使ってみた

  4. 【コロナ対策】布マスクと不織布マスクのメリットとデメリット

  5. 新型コロナウイルスの検査について~PCR検査、抗原検査、抗体検査のちがいとは?~

  6. 自由研究どうする?パパと一緒に子供も楽しめる工場見学

  7. 妊婦さんに知ってほしい!新型コロナウイルスの症状や入院する基準について調べてみました

おすすめ記事

  1. 妊婦さんにおススメな栄養素

人気記事ランキング

特集記事

  1. 新型コロナウイルスの検査について~PCR検査、抗原検査、抗体検査のちがいとは?~…
  2. コロナウイルスに負けない!~妊婦さんにおススメの手洗い~
  3. コロナウイルスに負けない!!免疫力を高める方法
  4. 妊婦さんのためのコロナウイルス対策
  5. 風邪をひいてしまった妊婦さん必見!薬に頼らないで症状を楽にする方法 風邪をひいてしまった妊婦さん必見!薬に頼らないで症状を楽にする方法♪
PAGE TOP